読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

viagra55の日記

バイアグラ、レビトラ、シアリスは全て男性機能障害の1つである勃起不全を改善する医薬品です。EDの治療に用いられるお薬です。

「キンタマは大丈夫」の一言だけをもらいました

いよいよ医師と面接。マスコミにしばしば登場している著名なED専門医である。ED判定テストに目を通すと、「中折れのようだね」とまず一言。「ええ、そうですね」と苦笑する私。

今度は心理テストにざっと目を通して、「すごいストレスだねえ。抑鬱傾向、不安傾向、緊張傾向があるよ」と、かなりシビアな口調で言う。「はあ、そうですか」と肩を落とす私。

ストレスまみれなのは認めるが、「ストレス」「鬱」「不安」「緊張」と畳み掛けるように言われるとは・・・。身体のほうは血液検査の結果を見せられて「肝臓が悪い」と指摘され、「酒を飲みすぎないように」と注意された。しかしこれは、EDには直接関係ないということだった。

この後、いろいろと問診をされた。「セックスの回数は少ないけど、性欲はあまりないのかな?それとも奥さんが協力してくれないの?」という質問もあった。

ここで私はしんみりしてしまった。「まあ、どちらかと言えば私のほうがやる気はありますけど、かみさんのほうはちょっと・・・。三年前に子どもが生まれてから、かみさんは子育てに疲れていて、その気が起きないらしいんですよねえ。子どもが病弱ということもありまして・・・」。

すると医師は「ああ、そう」と素っ気なく答え、カルテに記入して次の質問に移った。私としたら「あれれ」という気分だった。問診の段階では全体像を知るのが目的であろうから細かい相談は追々ということかもしれないが、もう少し受容的な態度を示してくれてもいいのに・・・。

が、取材の中で「医師は忙しすぎてひとりひとりの患者に十分なカウンセリングができない」と聞いていたので、「まあ、仕方ない」と思い直した。こういう相談をじっくりしたいのであれば、夫婦問題、特にセックスレス問題専門のカウンセラーのほうが適任であろう。

問診が終了すると、「じゃあ、見せてもらうね。ズボンを脱いで」と医師が言うので、私は「いよいよだな」と思い、緊張が高まった。医師は受付と診察室を隔てる扉をきちんと閉めた。看護婦はいなかった。それだけで心の中に安堵感が広がった。医師の前で直立不動をしてズボンとパンツを膝まで降ろした。医師がしげしげと見詰めて、「タマは大丈夫だなあ」と一言。それでおしまいであった。これらを踏まえて「心因性」という診断が下った。

バイアグラはED治療に使用される医薬品で、勃起不全の治療に絶大な効果が期待できる人気のED治療薬です。ED外来に行って、殆どの方が、バイアグラを最初に処方されています。バイアグラが一般的になった昨今、バイアグラの偽物も出回っているようで、購入は慎重になる必要があります。

お薬通販のメディマートではファイザー製薬が販売する正規のバイアグラを通信販売しています。どなたでも簡単にネット通販をすることが可能です。お客様に安心してご購入いただけるように正規品保証もしているため、多くのお客様よりご好評をいただいております。バイアグラをはじめとしたED治療薬を通販される場合には、お薬通販のメディマートをご利用ください。

f:id:viagra55:20160711135552g:plain