読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

viagra55の日記

バイアグラ、レビトラ、シアリスは全て男性機能障害の1つである勃起不全を改善する医薬品です。EDの治療に用いられるお薬です。

ED治療の現実

ED治療の予約は混雑

取材の過程で「病院に行きたいけれど、その勇気がない」という声をよく聞いた。「病院の前を何度も往復したが、結局入れなかった」とか「専門医を紹介した記事をいつも持っているが、どうしても予約の電話をかけられない」という話もあった。多くのEDの男性が病院を避けている要因のひとつとして、検査が恥辱的だという思い込みがあるのではないだろうか。

たしかにEDの診察のためにペニスをさらけ出すのを想像すると、ひどく気分が重くなる。しかもそれだけではなく、「若い看護婦さんにいじられるんじゃないか」と余計な心配もしてしまう。実際に取材の過程でそういう証言はときどき聞いた。

私も聞いているだけではなく、EDの検査を自ら体験することにした。実は私自身も近年、そちらの方面は精神的にも物理的にも弱くなってきたのは否めず、惨めな思いに駆られることもあるので、機会があれば専門医の診断を仰ぎたいと思っていた。そこで、ある有名大学病院のED専門外来に患者として赴くことにしたのだ。

まず予約である。ED外来は特殊外来なので、曜日や時間帯が決まっている。それは総合受付で問い合わせるといいだろう。ちなみに私が総合受付の女性に「EDの治療をしたいのですけど」と尋ねたときは、「えっ、何ですか?」と聞き返された。なんとこの女性はEDという専門用語を知らなかったのだ。仮にも専門外来を設けているのであるからそのくらいは常識だろうに・・・。

そこで仕方なく「え-と、インポテンツのことです」と言い直すと、「ああ、わかりました」と淡々と担当者に回してくれた。しかし案の定、若い女性に対してその言葉を発するだけでビビッてしまう。たぶん予約で挫折している人も多いのではないだろうか。

一難去ってまた一難である。担当者も若い女性だったのだ。正直いって、こういうところを女性にするなら、できるだけ年輩の方にしてほしい。検査の内容、治療や薬の値段など、事前にいくつか質問を用意していたのだが、緊張してしまって、ろくに聞けなかった。

それにしても鷲いたのは、予約の混み具合である。私は2ヶ月待ちであった。大学病院のED外来はどこも似たような状況で、1~3ヶ月は待たされると覚悟しておいたほうがいい。

命にかかわる病気ではないから気長に待っていればいいのかもしれないが、せっかく治療意欲が湧いたのに出端を挫かれる思いをする人も多いだろう。待っている間に迷いが出て、気が変わってしまう人も多いに違いない。近所の開業医ならすぐに診てくれるだろうが、その医師がEDに詳しいとは限らないし、心因性か器質性かの診断さえしない場合もあると聞く。やはり最初の見立ては専門医に任せたほうが安心である。まずは、ここで焦らないことだ。

いくらイライラしても忍耐強く待つに越したことはない。世の中にはED患者の悩みにつけ込んだ胡散臭い「治療家」も多く、このイライラの時期は特に引っ掛かりやすいので注意したほうがいい。

ED治療薬は通販での購入がオススメ!様々なED治療薬を販売中です。保険適応外のED治療にはバイアグラやシアリスなどのED治療薬を通信販売で購入する方法が便利でお得なことをご存知ですか?ED治療薬を購入するならお薬通販のMedimartがとっても便利です。お薬通販のメディマートはバイアグラやレビトラなどの先行薬からカマグラやタダシップなどジェネリック薬まで色々なED治療薬をどこよりも安く通販しています。

お薬通販のMedimartが取り扱う商品は全てメーカーの正規品!商品が正規品であることを保証しているので安心してご購入いただけます。ED治療薬をご購入するなら是非、メディマートをご利用ください。

f:id:viagra55:20160711135552g:plain