読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

viagra55の日記

バイアグラ、レビトラ、シアリスは全て男性機能障害の1つである勃起不全を改善する医薬品です。EDの治療に用いられるお薬です。

恋人に見た「母の面影」

雅彦さんの恋愛・セックス体験を順繰りと聞いてみた。

子どもの頃に赤面恐怖症の傾向があり、入づきあいに消極的だったという彼は、特に女性に対して苦手意識を抱いていた。中学・高校時代を男子校で過ごしたこともあって、母親以外の女性とはぜんぜん接してこなかった。大学になって同じサークルの女の子を好きになったが、まったく口をきかず、ただ遠くから眺めているだけだった。そのチェックの仕方は、「ストーカーまがい」と本人が言うほどである。服装や髪形などはもちろんのこと、イヤリング、マニキュア、靴下、サンダル、ハンカチ、さらには化粧のよしあし、肌や産毛の手入れの状態までなめるように見つめた。そしてその姿を記憶に焼き付け、想像上で肌に触れたり抱き締めたりしてマスターベーションをしていた。しかし現実には性関係を持ちたいとは思わなかった。

あとを追い回すようなことはせず、もっぱら「視姦」に欲情した。当然、相手の女の子は気づいて嫌がっていたが、彼は決してやめなかった。

「男の友達なんかにその話をすると、そういう気持ちはわかると言われることもあるから、同じようなことをしてきた男は多いんじゃないかなあ。僕もそれだけで結構満足していたんですよ。小さい頃から人との距離の取り方がわからなかったから、当時の僕にはあれが女性へのアプローチの限界でした。あれがいちばん心地よかったんです。同性どうしであれば、だいぶリラックスできるようになっていたんですけど、異性にはまるでダメでしたね」

それでも徐々に女性に慣れてきて、29歳のとき、初めて彼女をつくった。2歳年下の女性で、スキー仲間のひとりだった。しかし、雅彦さんが積極的にアプローチしたわけではなく、友達から後押しされて、なんとなくデートを繰り返し、「気がついたらつきあっちゃってた」というのが本音だった。つきあっていることを意識し始めると逆にしんどくなってくるほど、雅彦さんは冷めていた。

性欲もほとんど湧かなかった。相手の女性のほうもバージンで、性的なことには奥手だった。

一度そういう話題になったとき、彼女から「結婚するまではしない」と言われ、「あっ、そう」と答えたきり、雅彦さんはまるで関心を示さなかった。彼女のほうは本心ではセックスに興味があったらしく、強く誘われるのを期待しているふしがあったが、雅彦さんからは手を握ることさえ珍しかった。

とうとう痺れを切らしたのか、彼女のほうから「やっぱり、ホテルに行ってみようよ」と誘ってきた。すると雅彦さんは言われるままに、ドライブの途中でラブホテルに寄った。服を脱いでいっしょに入浴した。ベッドのうえでいちゃいちゃした。彼女のほうは見るからに盛り上がっていたが、雅彦さんのほうは逆に性欲が衰えてきて、ペニスも萎えてしまった。

「もういいや」と彼は中断した。彼女はキョトンとしていた。無言のままふたりでシャワーを浴びて、さっさと帰った。

「相手はなんと思ったか知りません。たぶん不満だったでしょうけど、男とそういう経験は初めてだから、こんなもんだと思ったんじゃないでしょうか。僕は『まあいいか』みたいな感じでしたね」

同じようなことは5回ほどあった。どうしても寸前になると、性欲が衰え、ペニスは萎えた。雅彦さん自身も原因はまるでわからなかった。しかし当初は、その症状に傷ついたり、深く悩むようなことはなかった。

お互いにセックス不全については口を閉ざしていた。不思議なことに、彼女のほうは雅彦さんに対してますます積極的になっていった。それまで月1、2度しか会っていなかったのが、彼女の要望で毎週会うようになり、毎晩電話をすることになった。彼女の物言いや態度を雅彦さんは、だんだんと「母親みたいに感じる」ようになった。叱られたり慰められたりするときはいつでも、子ども扱いされている気分になった。そのうちに、ときどき突然、彼女の表情や容姿にまで母親の面影を感じた。

「彼女と馴れ合いになって、距離がなくなってくると、乗り込まれてきたような感じになったんですね。そしたら、急に母親とイメージがだぶってきた。恋人のレベルから身内のレベルに変わって、いっしょに暮らしているところまで想像してしまったわけです。このまま結婚しちゃうのかなと思うようになったら、もう重たくなっちゃって。ヒモつけられちゃう、縛られちゃうという恐怖心も出てきて、彼女から逃げ出そうと決心しました。母親みたいな女に支配されるより、自分はまだまだ変わりたかったですから」

雅彦さんは別れ話を切り出すタイミングを見計らっていた。些細なことで口論してしばらく会わなかったことを理由に「もう別れよう」と告げた。彼女はあからさまに取り乱していた。

「むこうは絶対に続けるつもりだったようで、本当に結婚するつもりもあったかもしれないんで、すごくショックだったみたいでした。でも、僕はそれから二度と会いませんでした」

つきあい始めて半年後のことである。それ以降、雅彦さんは、これほど「長くて親密な恋」を経験していない。

シアリスの服用で勃起不全が解消され最後までセックスが可能です。EDを改善するにはシアリスを通販で購入しましょう。通販なら処方箋なしでシアリスが購入できます。ED受診に行かなくても通販でシアリスの購入が可能です。シアリスは効果が発現してから36時間の効果が期待できます。シアリスを通販するならMedimartがお得です。シアリスの簡単通販をご利用ください。

 

f:id:viagra55:20160711135552g:plain

恋愛不全と恋愛依存の狭間で

雅彦さん(仮名・43歳)の場合、EDの原因はかなり複雑である。本人の分析によれば、恋愛不全が大きく影を落としているというが、その恋愛不全もまた、一筋縄ではないのだ。

「わりと二重人格的なところがあるんです。恋愛不全でありながら恋愛依存的なところもあるんです。誰かを好きにならなきゃいられないんだけども、片思いがベストなんですよ。女性との関係が深まってくると、逃げちゃう。だから、誰かに心の中では頼っていたい、依存していたいんだけども、依存されるのは怖い。依存されてくると、相手の欠点とかをわざと探して軽蔑してみたり、あるいは無理やり冷たくあしらって縁を切ってしまったり、まあ、実際そうやってきたんですよね」

父親が経営する会社の役員を務め、都内の一等地の屋敷に住み、男前で独身の雅彦さんは、とにかくもてる。「玄人」でも「素人」でも言い寄ってくる女性は後を絶たない。ところが、恋愛不全と恋愛依存の狭間をさまよっているという彼は、結果的に、極めて淡泊な(ある意味で純情な)女性関係しか経てこなかった。これまでの最も長いつきあいは半年であるという。

「女性と恋愛関係という形で距離が近づいていくと、ともかく重たくなって耐えられなくなるんです。なんていうかなあ、自分で自分にいろんなものを課してしまうんですね。その結びつきが強くなってくると、相手とはこういう関係じゃなきゃいけないんじゃないかとか、いろいろ想像が発展しちゃって。たとえば、デートする前から、いきなりいっきに結婚したときのことを想像したり・・・ ものすごく潔癖なんですよ。恋愛というと、完壁じゃなきやと」

「それは確かに重いですね」と私は苦笑した。「相手の女性に言うんですか?」

「言わない、言わない。だから、自分でそこまで想像して勝手に重たくなって逃げてしまうとこがある」

「でも、恋愛なしでは生きていけないと?」

「そうそうそう。だから、極端なことを言うと、片思いがベストなんですよ」

「本当にそれで満足なんですか?」

「満足じゃないけど、どっかで突き破りたいと思うんだけど、突き破りそうなイメージが湧くと逃げたくなったり、あるいはうまくいかないことをどっかで願ってしまったりね。そうやって近づこうとするベクトルと離れようとするベクトルが葛藤するんです。それはほんと、苦し いですよ」

「・・・・・・」

高級ブランド服を着こなして高級外車を乗り回している御曹司にも意外な悩みがあるんだな、と私は好奇心を強めた。しかし当初は、ナルシストにありがちな「悩みごっこ」の域を出ないのではないかという疑いもあった。物思いに耽るようにタバコを吹かしている雅彦さんを見つめながら、この話を真に受けていいものかどうか迷った。

しかし性体験にまで話が及んだとき、私は、彼の悩みがどれほど深刻であるかを思い知った。

女性とのセックスにおいて最後までできたのは、40代前半の現在までに、たったの一回だけであるという。

「恋愛不全と同時にセックス嫌悪もあるんですよ。セックスは汚いものだっていうイメージがどっかにあって、普段はそんなに強く意識していないんだけど、そういう機会になったとき出てきちゃうんですよね。だから、当然、あっちのほうも役立たないわけですよ」

クエン酸シルデナフィルを有効成分としたバイアグラの通販ならMedimartをご利用ください。バイアグラは処方箋なしで簡単通販が可能です。正規品のバイアグラを何処よりも安く、そして早くお届けする個人輸入代行で通信販売。バイアグラの通販はとっても便利です。バイアグラは、ED治療に特化したお薬です。どなたでも簡単にファーザー製の正規品バイアグラを割安で通販購入できます。

 

f:id:viagra55:20160711135552g:plain

自律神経と脳の働きのアンバランス

ではそもそも、このタイプのEDが発生するときの身体のメカニズムはどうなっているのだろうか。

「自律神経には交感神経と副交感神経の二種類があり、どちらもバランスよく働いているときに、人間の機能はいちばん正常に作動します。脳に性的刺激を受けると、副交感神経が作動してペニスに勃起を促します。快楽が一定の高さに達すると、今度は交感神経が作動して射精を促すのです。しかし悩みを抱え込んで、怒りや不安や焦りなどのマイナス感情が激しくなると交感神経に緊張反応が起きてくるので、自律神経のバランスが崩れてしまいます。海綿体の血管が収縮して血液が流れにくくなるので勃起力も低下します。交感神経の緊張状態が長く続けば続くほど、勃起不全になる可能性は高いですね」

「人間の脳には、理性をつかさどる部分と五感を働かす動物的な部分とがあります。これらの両者の働きのバランスによって、性的な能力が左右されます。性的な興奮をもたらすのは動物的な部分の働きなのですが、セックスの最中でも悩み事を忘れられなかったりすると、理性をつかさどる部分の働きが動物的な部分より勝ってしまうので、性的興奮が抑制されて勃起しなくなることがあります」

こういう医学的説明は患者に対して安心感を与えてくれる。特にEDの患者というのは「男としてダメになった」などと必要以上に深刻になりがちであるし、逆に「根性で治すぞ!」などと感情に先走っている人も多いであろうから、こういう科学的な見方を少しでも身につけておくのは大切なことではないだろうか。

「万が一、偶発的な出来事でEDの症状に見舞われたとしても、冷静になって分析してみることが回復への近道なのです」と語っている。相手の女性のほうにもこれは言えるだろう。「男らしくない」などと余計な意味付けをせずに、「交感神経の調子が悪いだけよれ」とか「動物脳味噌が元気ないのかな」ぐらいに気楽に考えていてくれれば、男にとって癒しになるのは間違いない。

「第三の場」を持とう

このタイプのEDは、軽度であればストレスを解消していくことだけで、めきめき回復していく。村上さんが借金返済や離婚調停を終えたらペニスも元気になったように、引き金になった問題を解決するのが最善策ではあるが、困難な場合は生活習慣を変えるなどして少しでもストレス解消に努めることである。

「少量のアルコールは理性のたがをゆるめ、興奮を適度に高めます。しかし、飲みすぎれば逆効果なのはいうまでもありません。セックスのときに場所や雰囲気を変え、ときにはホテルなどを利用するのも効果的です」とアドバイスする。

「職場でも家庭でもない『第三の場』を持つといいですよ」という。アルコールを飲みカラオケを楽しむところでもいいし、趣味の集いでもいい。肝心なのは、家庭(第一の場)にも職場(第二の場)にも無関係であることだ。「EDに悩む中高年男性は、いつも早く決まった時間に帰宅し、休日も自宅にこもっているタイプに多いんです。まさに第一の場と第二の場しか持たない『伝書鳩入直ですね。どちらにもストレスが充満している状態では、集中力の欠如や自律神経の疲労をもたらし、性機能の低下につながっていきます。そういうストレスの連動を断ち切って自律神経を休ませてやる『第三の場』という安息の場が必要なのですよ」

この話を聞きながらニヤリとしてしまった。村上さんの金沢でのエピソードを思い出したからである。無意識のうちにも彼はそこに「第三の場」を見いだしたのであろう。東京でのストレスから解放され、そのときだけはEDが治癒したのだから、あまりにも劇的な効果ではないか。しかしお相手が「第二の女」であったことが火種となり、結局は「第三の場」も修羅場と化したのは周知の通り。

バイアグラだけではないED治療薬

日本国内においてED治療薬として最も有名なのは「バイアグラ」であることは周知の事実であるが、実はバイアグラが発売された1998年から現在までにはEDに対して有効な成分が開発され、ED治療薬として販売されているのはご存知だろうか?主たる分類として製品名ではなく有効成分の種類で別けられるが、シルデナフィル=バイアグラ、タダラフィル=シアリス、バルデナフィル=レビトラとなっている。それぞれのED治療薬には特徴があり、それぞれ進化しているわけだが、詳細はまた改めて記述することにします。

f:id:viagra55:20160711135552g:plain

「成田インポテンツ」の可能性は大きい

会社経営者の村上さんは借金返済に追われ、そのうえ離婚にも直面したとき、心因性のEDになった。専門医の誰もが指摘したのは、過大なストレスによって身体に異常があらわれる「心身症」である。起こる病気としてよく知られているのは胃潰瘍や円形脱毛症であるが、性欲減退や勃起障害になる人も少なくない。また、「鬱状態の一症状」という指摘も多かった。村上さんは自分に鞭打って夜勤や離婚調停までこなしていたので、傍目には鬱状態に見えなかっただろうが、ペニスという繊細で敏感な部分に症状が集中してしまったのかもしれない。

「オウム事件の強制捜査のときに、有毒ガスのセンサーとしてカナリアが使われたでしょ。あれみたいにペニスも鬱気分のセンサーとして、最初にやられてしまうんですよ」と冗談まじりに語る専門医もいた。

最近急増している鬱病のタイプとしては、「仮面鬱病」という症状がある。この病気は精神的症状より身体的症状が顕著にあらわれてくる。食欲不振、不眠、頭痛、腰痛、動悸、下痢、肩凝り、そしてもちろん勃起障害も多い。精密検査を受けても器質的な疾患はぜんぜん見つからない。軽度の鬱病が身体に異常をもたらしているのである。つまり身体症状が「仮面」となって鬱病を隠しているから「仮面鬱病」と呼ぶ。鬱病を治さないと身体症状も治らないが、鬱病に気づかずに身体症状への対処ばかりして、重度の鬱病にまで悪化させてしまう人もいる。

しかしそれにしても、まったく性的ではない出来事でもEDの引き金になってしまうのだから、男性にとっては脅威だ。退職、転職、倒産、リストラ、上司との対人関係、家族の病気・死亡、妻の浮気、子供の非行、交通事故、癌の宣告などなど、ありとあらゆるストレスフルな出来事がEDの誘因となり得る。ちなみに俗に「成田インポテンツ」と呼ばれる新婚旅行でのEDであるが、これもストレス性のものが多い。結婚式、披露宴、新居への引っ越し、会社を休む間の整理などで過密スケジュールをこなした後に旅行に出掛けるのであるから、過労でセックスどころではないという男性もいるのだ。もちろん見合い結婚で、それが初夜になれば緊張も加わるので、なおさら「成田インポテンツ」に見舞われる可能性は高くなる。

相棒を失ったショックでED悪化

このように男性がいかに繊細であるかを痛感させられる実話を紹介しよう。

取材当初に見つけた資料の中に、桑島さんのED体験記があった。加齢による勃起力減退に悩んでいた桑島さんは、74歳のときに相方の荒川さんを亡くし、そのショックのためにペニスの症状までも悪化させてしまったという。恥ずかしながら知識不足だったので、私は初めて読んだとき、「相棒の死亡とEDに因果関係なんてあるのか」と疑問を抱いたものだ。しかしいま読み返してみると、桑島さんの率直な告白の中に、とても自然な結びつきが垣間見える。

「しかし、それ(相方の無念)以上に、残された私のショックも一言では言い尽くせないほど大きかった。狂わんばかり、とはあのことをいうのでしょうか。彼が亡くなってからしばらくは食事も喉を通らないどころか、まさに荘然自失の体で、いまから振り返っても、いったい何をやっていたか定かに憶えていないほど。極度の落ち込みというか、鬱状態に陥ってしまった」

「実は、私はここ10年近く、インポテンツが悩みの種でした。『74歳のおまえの歳なら、しょうがないじゃないか』と言われそうですが、私の場合は、女房と20歳以上離れているし、そう簡単に割り切るわけにはいかない。恥ずかしながら、役に立たないなら役に立たないなりの形で、することはしてきたんです。ところが、相棒を失ったショックで、インポテンツの方もさらに悪化したと申しましょうか、そんなことをする意欲すらなくなってしまった」

桑島さんはその後の治療で回復するのだが、ここでは男というのはかくも繊細な生き物であるということを改めて踏まえておきたい。

バイアグラを使用したED治療

EDは大きく心因性、器質性、混合性に別けられますが、泌尿器科などでEDの診断を行い、持病などがなく、健康状態に異常がないことが認められた場合、まず最初にバイアグラが処方されることが多く、そのほとんどの患者がバイアグラによって症状の改善が見受けられるようです。いまやバイアグラはED治療において第一選択肢となっています。

 

f:id:viagra55:20160711135430g:plain